かーとの無線操縦日記

愛媛県松山市在住の電動ラジコンカーマニア。四国のRC事情と他愛もない私の日記。 2018年1月でラジコン暦15年になります。 最近はマルチコプター(ドローン)メインで、2016年11月から始めました。

まずはご報告

JAPAN DRONE LEAGUE 2018 Round2 あまぎ水の文化村に参加のスタッフ、スポンサー、選手、その他関係者の皆様お疲れさまでした&ありがとうございました。

私はオープンクラスに参加しましたが、なんとか優勝できました。
DSC_3291
機体も3機すべて無傷で帰還しました。
DSC_3292
プロペラは念のため数回変えましたが、破損はゼロ。
上出来のレースでした。

今日から現実に戻ってお仕事です。
詳細記事やFPV動画は後日アップします、まずはご報告まで。


完成しましたが

配線済みの中古FCだったので、はやくも予備の予備機が完成しました。
DSC_3259
撮影用カメラマウントやVTXも取り付けてバッチリです
IMG_20180523_074000
さて、残りは受信機やVTX、FCなどの初期設定のみだったのですが
1527028763932
あれ、ESCが日本に到着したみたい・・・
水曜に税関通過して川崎から発送されれば、金曜の夕方には受け取れそうです。
これで、まる1機作れるパーツが揃ったので
IMG_20180523_075816
フリースタイル機はお留守番
荷物が減るので一安心。

残りの設定はレースが終わってからゆっくりやります。
IMG_20180523_080541
機体メンテナンスも、部品取りされた4インチ機の修復とGravy150の受信機変更でひと段落します。

予備の予備

いよいよ今週末は、JDL第2戦です。
一番下?のオープンクラスにエントリーしました。
レース機2機と予備1機は、FCやカメラの設定も揃えて準備完了!!
IMG_20180510_081155

が、GW明けに注文した予備のESCがシンセンで10日以上の停滞・・・1ヶ月コースかな?
国内で頼んでも良いのですが、もし1レースで壊れるようなESCは必要ないので、予備として部品ではなく機体を持っていきます。
そんな予備機の予備はフリースタイル機。
DSC_3218
で、さらに心配症の私は、予備の予備の予備で1機製作中
本当は来月に作ろうと思っていたものを前倒ししました。
DSC_3253
FCやESCは、兵庫で使った機体から下ろした中古品ですが、モーターは新品です。
墜落して直ぐ壊しそうなので、安物を注文しました。
三国志モーターの蜀(赤色だったので)
_20180522_080241

5機もあれば土曜日の練習(4回)は乗り切れそうです。
と、ここまでやってますが、週末は雨予報・・・

レーサー機バッグ

バッグの中身紹介レーサー機編です。
初めて購入したドローン専用バッグパックは、thinkTANKphotoのFPVセッションバッグでしたが、飛行機で荷物棚に入れるときに柔軟な素材だと心配だったので、Tinyと同じLoweproにしました。
X2です。最近は安く買えるようですね。
DSC_3238
中身は
DSC_3233
上段(写真右)から
バッテリー
パーツケース
プロポ、プロポ予備バッテリー、ゴーグルバッテリー
ビスケース、両面テープ、充電関連、工具入れ、ゴーグル
です。
さらに、予備プロペラのポーチや、ゴーグルアンテナのポーチを重ねます。
DSC_3235
充電関連は、充電器2個と12V分配器をおいて、その上にケーブル類のケースを2個重ねてます。
DSC_3234

背もたれには
DSC_3237
カメラ設定用のコントローラやリポチェッカー、アマ4免許や飛行許可証、SDカード等々
機体は、外部のベルトに止めてます。

あと、屋外レースなどで電源確保が難しい場合や、車で移動する場合は
DSC_3240
RCカーで使っていたラジコンバッグ(キャリー付き)を持っていきます。
中身は
DSC_3239
上段には
延長ケーブルやキャンプ椅子、LEDライト(12V)、敷物等々
中段は
フレームセットや、その他スペアパーツが入ったケースで、1機まるまる作れるだけは入っています。
下段は
ポータブル電源と、これからの季節必要な扇風機(12V)
下段に充電器を置いて、そのままここで充電したりします。

これに折りたたみテーブルを乗せてゴロゴロ、背中にはバックパック。

最近は、KAIKON−BASEに行くことが多いのですが、電源と椅子は必要なので、このまま車に積んでいきます。

バックバックには2〜3機しか付けれないので、U199やレースなど多くの機体を持ち歩くためのバッグを、現在物色中です。

こんな感じですが、少しはお役に立ちましたでしょうか?
皆さんのバッグも参考に、少しつづ洗練できればいいな〜

Tinyバッグ

少なからずご要望があったので、私のバッグの中身公開。
今回はTiny編です。

RCカーを始めた15年前は茨城や群馬まで車で遠征をしていましたが、最近は自走距離350kmを超える遠征は公共交通機関を利用します。350kmに意味はないのですが・・・。
RCカーの場合は、大きなバックが数個あったので荷物はホテルやサーキットに宅急便で送ってましたが、ドローンは比較的荷物が少ないので手持ちがほとんどです。

プロポや充電器等、精密機械が多いので飛行機の場合は機内持ち込みの荷物にします。
Tinyで使っているのはLoweproのバッグです。(5インチも最近はLowepro)
DSC_3224

DSC_3225

中身はこんな感じ
31326783_1515921211869839_1704959234619211776_n
左側の上から
・ゴーグル用バッテリーx2、アンテナ
・ゴーグル
・プロポ
右側は
・Tinywhoop x2機
・親電源用バッテリー+Tinyバッテリー、充電器+コード類
・安定化電源、モバイルバッテリー、パーツケース
です。
工具もTiny用でバッグにいれっぱなし。
飛行機の場合はハサミなど含まれるので、工具は衣類などど一緒に預る荷物にいれています。
DSC_3223
コード類やTinyバッテリーはケースに入れて、重ねて入れてます。
IMG_20180517_074735
IMG_20180517_074829
充電用のコードは、自作のマルチコネクタ
DSC_3228
1セルバッテリー、ゴーグルバッテリー、送信機バッテリー(フタバ、FrSky)が充電できます。

持ち出し用の充電器は、最近はコレばかり
DSC_3229
現地での追い充電や、親電源などの充電で使います。
レース用は、まとめて下記の充電器で充電してます。

右側の安定化電源の下のパーツケースは、こんな感じ
IMG_20180517_075001
6本同時に充電できる1S HV用の充電器や、LEDライト(USB)、バッテリーチェッカーやスペアパーツ類です。
これで足りますが、衣類用のバッグ(キャリーバッグ)に余裕があれば12V用半田ゴテやグルーガンも持って行きます。
(半田ゴテはパーツケースに入ります)
IMG_20180517_075109
100V電源がとりにくい場所で飛ばす場合は、4Sを12Vに変換したり、コテ台もあったり・・・
IMG_20180517_081100

ちなみに、神栖にいった時はジェットスターでしたが
d60b831c
こんな感じで、足元に収まります。
ANAだともっと余裕があります。

この装備で手荷物検査に引っかかったり、中身を見せるような事は今までありません。
検査所で「中身なんですか?」と聞かれたら、「ドローンです」と言っておけばOK

Tinyはこんな感じです。

追記
このバッグ、2個がチャックで繋げられるので、荷物としては1個としても2個としても扱えます。
DSC_3230

確保

U199の受信機をフタバ(互換)に移行中です。
ついでに、配線やVTXのアンテナ交換、ファームウェアのアップデートなどメンテナンスも実施中!!
DSC_3221
3機移行完了したのでHD-U199と合わせて4機、残り2機・・・
あとフリースタイル機を1機増やす予定なので、Tinywhoop置き場の上にフックを増設。
修理待ちの4インチ機と合わせて2機分確保しました。
DSC_3222
と言うかTiny置き場もいっぱい・・・

IMG_20180516_085711
常設の充電スペースはこんな感じで、RCカー時代の充電器を活用してます。
バッテリーの不具合があったモニターも常設してます。

今日は、私の作業スペースの一部を公開してみました。
次回は持ち出し用バッグの中身でも・・・・興味ないか・・・

移行中

昨日は一日中、雨と言うことで、ドラマ見たり、髪を切りに行ったりノンビリしてました。
あとは、フリースタイル機のメンテナンスを少々。
まだ1回のフリースタイル練習と、1回のオーバルレースでしか使っていない機体です。
その機体の受信機をフタバ(R3001SB)に変更したり、Runcamのコントローラをつけたり。
DSC_3218
フレームもモーターも安価で揃えましたが、ちゃんと飛びますよ。
DSC_3216
ほとんど飛ばしていないので、予備キットが2個残ってます。
オーバルレースの時、バッテリーダウンで墜落しましたが無傷でした。

次のフレームも準備完了なんですが・・・
_20180514_075627
来月は梅雨で飛ばせない日も多いと思いますので、積み替えた中古のFC、ESCで一機組みたいと思ってます。
U199もフタバに移行しなければ・・・
DSC_3210

KAIKON-BASE Day15

再来週のレース機が完成したので、KAIKON-BASEでロールアウト
IMG_20180510_081155
この時期、雑草の伸びが早く駐車場にとめられなかったので、午前中は草引き!!
DSC_3214
途中ホームセンターで、蟻よけなど購入して午後から機体の確認をしました。
この日は5インチ機だけでしたが、昨年の兵庫からバッテリー4本追加したので、バッテリー1巡の8本だけノンビリ飛ばしました。
IMG_20180510_080948
流行は1500mAhオーバーだと思いますが、2205モーターなので1300mAhで十分です。
狭いけど、やっぱりKAIKON-BASE 快適です。
DSC_3215

レースが終わったら、フリースタイルも練習しようかと思ってます。
と言うことで、フリースタイル用に許可取得
BlogPaint
ゲート立てたりするような練習は、今まで通り場所指定の申請をするつもりです。
レースは、主催者の一括申請にお任せ。

Tinyも含めて、ドローン生活が充実してきました。

GW後半

GWの後半は、普段カミさんとは休みがあわないので、高額、人ごみな連休ですが結婚20周年の旅行に行きました(近場ですが・・・)。
1日目は鳥取で定番の水木しげるロード
DSC_3150

宿の部屋からは日本海
DSC_3151
DSC_3152

2、3日目は島根
島根でしたが、目の薬師寺だったので目玉おやじがいました。
DSC_3165
宿は出雲大社近くにとったので
DSC_3170
2日目は、お土産買ったり、博物館行ったり
DSC_3182

3日目の早朝に出雲大社を参拝しました。
DSC_3192
DSC_3196
DSC_3206

こんな所にも寄りましたが、飛行はなし
DSC_3168

GW最終日は、レース遠征と旅行で体力もお財布もスッカラカンなので、家で5インチ練習機組んでました。
DSC_3209
1機は兵庫で使った2204モーターの機体をメンテナンス。
もう1機は、兵庫レース機のFC、ESC、モーターを新品に変更したもの。
SpedixのESCが1個初期不良と言う不幸に合いながらも、なんとか完成。

カメラ以外は新品のレース機は組み立て中!!
DSC_3208
以上、GW後半はダイジェストでお届けしました。

JDRA TINY WHOOP Japan Cup No.11 in Tokyo

名古屋から移動して、4月30日は東京は六本木の「中国茶房8 六本木店」でJDRA TINY WHOOP Japan Cup No.11 in Tokyoに参加しました。
カフェの2日後に、中華料理屋でレースです。
BlogPaint
(Facebookの公式ページ投稿の当日の画像です。)

場所が六本木ヒルズのすぐ横なのと
DSC_3127
GWと言うことで凄い人です。
DSC_3125
会場は、こんな感じ
DSC_3128
下の画像は一部(通称ち○こ)を自主規制のためモザイクをかけています。
1525137998729
こちらのレースも食事付きで、予選と準決勝の間には食べきれないほどの料理が!!
DSC_3133

DSC_3134

DSC_3136
これ以外にも、まだまだ出てきました
たまには、こんな事も...着陸失敗...
DSC_3135
参加者も18人と多く、一般のお客さんも観客の方もいて盛り上がるレースでした。

予選は3分の予選2回、2分の予選1回で周回数の合計で順位が決まります。
今回は予想外に長いストレートがあり、その途中で高度を保てなくなるので、予選前に急遽KV値の高い新品(慣らし済)モーターに変更しました。
予選1回目の2分くらいまでは高度調整に戸惑いましたが、なんとか慣れ、予選総合4位で準決勝進出です。
DSC_3139

準決勝は、低空でスタートダッシュを決めようとしたのですが、上を飛んでいた機体の風に押されゲートに衝突・・・自力で復活できましたがトップは遥か先を飛んでいました。
諦めずに自分なりに全開で差をつめていたら、ラッキーな事にトップがクラッシュ!!
なんとか決勝に進出できました。
ドローンレースはいつも準決勝敗退なので、初の決勝進出です。

決勝は2周を3回のポイント合計で争われます。
有名なお二人と一緒で久しぶりに緊張しました。
冷房の効いた店内でしたが、レース後はかるく汗かいてました。
決勝1回目は2位、2回目も2位、3回目はラッキーな1位で、総合2位!!
BlogPaint
いただいた副賞は
DSC_3144
北京ダック1羽と紹興酒!!
既にお腹いっぱいなので食べれない。
翌日は飛行機で帰宅なので、持っても帰れない。
次の東京(付近)遠征のついでに食べに行きます!!

そんな動画は、ここ
公式のライブストリームはここ

5インチのレースが”イベント上空の飛行”になると言う事で、(屋外のレースは)観客の方に見せる機会が減ると思います。
実際、JDRAの相模湖プレジャーフォレストや、JDL第2戦あまぎ水の文化村水辺のふれあいゾーンでは、会場は完全クローズドになってますね。
その点Tinyは観客とかなり近く、一緒になって楽しめるが良いと思います。

これにてGW前半のTiny whoop遠征は終了、しばらくTinyレースの遠征はお休み?
次の遠征は、5インチ機のレース!!
飛ばせる機体が兵庫で使った1機しかないので、頑張ってあと2機は製作します。
コメント
過去ログ
過去記事検索
カスタム検索
  • ライブドアブログ