かーとの無線操縦日記

愛媛県松山市在住の電動ラジコンカーマニア。四国のRC事情と他愛もない私の日記。 2018年1月でラジコン暦15年になります。 最近はマルチコプター(ドローン)メインで、2016年11月から始めました。

LAND NOW 再び

ここ数日、痛んだフレームやモーターを交換したりしています。
DSC_2836
ついでに、全部の機体「LAND NOW」の原因だったバッテリー容量の設定も修正しました。
が、しかし1機「LAND NOW」再発!!
バッテリーのアイコンもピカピカ点滅。
??????
前回スルーしたbattery.c 223行目のソースからたどっていくと、セル最大電圧の設定のようで4.3にしていたのが問題のようです。
HVの電圧は4.3xなので4.3でも大丈夫かと思い設定していたのですが、念のため4.4に変更。
すると、「LAND NOW」が表示されたり、されなかったり、電源入れ直すと「LAND NOW」が消えたり???
思い切って4.5Vまですると・・・「LAND NOW」もバッテリーアイコンのピカピカも消えました。
電源投入時に一瞬最大電圧を超えたのが、もろもろの警告の原因みたいです。
表示されない時があったり、電源を入れなおすと出なかったりするのは、単純にバッテリーの電圧が上がったため。
landnow3
バッテリーメーターの設定(調整?)がずれているのか、電源投入時に4.5Vになっています。
証拠の動画はここ
ここの調整は、テスターとかで測らないと駄目なのかもしれないので、スルー(後日やります)
とりあえず4.5にしてからは、充電直後のバッテリー4本飛ばして「LAND NOW」とバッテリーアイコンの点滅はなくなりました。

ついでに、他の設定はこんな感じ
landnow4
「Visual Beeper」は、通常ビープ音がなる警告をOSDに「*」で表示する設定です。
landnow5
警告の設定は、こんな感じ
ジャイロのキャリブレーションと、ACCのキャリブレーション時にもBeepを慣らすようにしているので、先ほどの動画の後半でスティックでキャリブレーションを取っている時に、画面に「****」が表示されています。

ひとまず、これで「LAND NOW」問題は解決かな?

20年

今月で結婚20周年(磁器婚式)だと言う事に、先日気づきました。
カミさんとは休み(連休)があわないので旅行などはあまり行きませんが、20周年と言うことでGWに温泉旅行を計画中です。
当然GWと言うことで、値段は数倍・・・宿だけでも諭吉さん10人とお別れです・・・。

そんなこんなで節約生活加速中!!
残念ですが、3月のSKY GROUNDさんは断念します
(茨城との連戦は厳しい・・・)

あ、せっきー選手から連絡いただいて、今週日曜日に(RCカー不用品の)青空市開催します。
DSC_2835
とりあえず、1/3ほど準備完了です。
車に積めるだけ持っていきます。
持って帰りたくないので、買ってくださいね。
でも、雪予報・・・・・・・・・・・・・・


Tinyの充電器

RCカーと比べてドローンでは充電器はあまり気にしていません。
Tinyの充電器も
DSC_2833
このような簡単なものです。
でも、コレ優れものでHVとノーマルバッテリーの切り替えはもちろん、充電電流も0.2Aと0.6Aの切り替えができます。
DSC_2834
6本充電できて約1500円!!RCカーでは考えられません。

でも、電源は必要で安定化やACアダプター、3S(4S)バッテリーが必要になります。
遠征では、さらに(荷物を)軽量化したいのでマイクロUSBから電源が取れるものを買ってみました。
IMG_20180207_091922
今まで通り安定化(12V付近)でも使用できますが、マイクロUSB(5V2A)も電源にできます。
その場合、手前の3口のみの充電になりますが、スマホ用の充電器やモバイルバッテリーを親電源にできます。

が・・・・この充電器、満充電できません・・・・
今まで使っていた充電器で充電したもの(4.31V)
IMG_20180207_091247
で、新しいので充電したもの(4.25V)
IMG_20180207_091304
写真撮るまでに時間があったので少し電圧は下がっていますが、これでは使えません・・・
充電直後でも4.29Vから4.30Vです。
DSC_2828
HVとノーマルバッテリーの切り替えは半田でのジャンパーで、「ジャンパー無し」であっているのですが・・・・。

家での練習用には良いかもしれませんが、レース遠征用には使えませんね(涙)

放電機(使わなかったバッテリーの保管充電用)は、F1RCGPの景品で貰ったものを使ってます。
保管充電の電圧になると、放電を停止し完全に回路を切断してくれるようなので、外し忘れも安心。
1500円充電機は4.2Vくらい入っていると充電してくれないので、時間のたったバッテリーで追い充電できそうな環境の時は、ちょっと放電したりしてます。
IMG_20180207_092735

RCカーのボディ整理

昨日、お知り合いの方がとあるボディを捜しており、偶然新品ボディがあったのでお譲りしました。
DSC_2813
RCカーは、今年1年かけて整理する予定なのは以前にも書きましたが、青空市の要請もないので毎週ゴミの日に少しづつ整理しています。
DSC_2820
一番場所をとっているのが新品ボディですが、これを断捨離するのは勇気がいります・・・。
DSC_2816
こんなのや
DSC_2817
こんなの
DSC_2819
あれ
IMG_20180205_083255
これ
IMG_20180205_083316
それ

もう10年近くオークションはやっていませんが、たまにはやってみるか?!
でもボディは送料が高く買い手もいないかもしれないので、手渡し出来る方で必要な方はメッセージください。エバラくらいなら配達しますよ。
今月いっぱいは保管してます。



LAND NOW

OSD付きのFCを使用している機体ですが、バッテリー満タンでアームもしていないのに「LAND NOW」と表示されます(画像中央下)。
landnow
ググってみてもヒットしないので、BetaFlightのソースを見てみました。
osd.cの652行目
osdFormatMessage(buff, sizeof(buff), " LAND NOW");
ここですね。
OSD_WARNING_BATTERY_CRITICALが設定されている時に表示されるようなので、OFFにしたら無事解決!!
(OSDタブのWarningsのBattery CriticalをOFF)

でも、なぜバッテリーが危険と判断するのか不安になったので、さらにソースを見ると
batteryState == BATTERY_CRITICAL
になると表示される。
BATTERY_CRITICALをセットしているのは
battery.c 223行目とbattery.c 359行目

359行目が怪しそうなので見ると、その条件は
batteryPercentageRemaining == 0
バッテリー残量が0の場合に設定するみたい

バッテリー残量の計算は429行目の関数calculateBatteryPercentageRemaining
その関数でバッテリー容量を取得して
uint16_t batteryCapacity = batteryConfig()->batteryCapacity;

ん?batteryCapacity??
landnow2
あ、0にしてました・・・・。
250mAhにして、無事解決です。

バッテリーのアイコンがピカピカするもの、ここのセル数や容量かもしれませんので、OSDのバッテリー警告関連をONにする場合は、ご確認を。
ちなみに、セル数を0にすると計算しないみたいです。

バッテリー電圧の警告は「Battery Critical」ではなく「Battery Warning」のようなので、「Battery Critical」は(Tinyでは)OFFでも良さそうですね。







今年はTiny

1月のフライトベース遠征以降、レースに出場した機体はそのままに、それ以外の機体で色々テストしています。
DSC_2811
最近、PROJECT MOCKINGBIRDやkalman filterの話題がありますが、その両方はレース前に試していたので、CLIでDumpした設定のひとつひとつの意味を確認しならがら、面白そうなら調整しています。

昼休みと仕事終わりで1時間ほどなので1項目に3〜4日かかります。
変更しても分からないものや標準値が一番なものもありますが、自分の手にあった機体になってきました。
そうなるとレースで試したくなる・・・と言うことで「JDRA TINY WHOOP Japan Cup No.9 in 神栖」に遠征決定です。
今まで羽田経由ばかり考えていましたが、LCCの成田経由ならなんとかなりそう。
LLC使ったことないので不安ですが、遠征費も少し安くなって、空港から会場までの距離も近くなるなら、行かない選択肢はありません。

う〜ん、まだ1ヶ月以上先ですがワクワクしてきました。

「Japan Cup」の冠を付けるには少々敷居()が高いようで数は少ないと思いますので、なるべく遠征したと思います。いつまでブームが続くが分かりませんし・・・
(Tinyブームが終われば、5インチかな?)

そんな今週は、香川の練習会に参加します。
昼間Tiny、夜U199の8時間練習会!!

無駄使い

先週になってたてた今年の目標は、「無駄使いをしない」と言う子供のような目標です

昨年は、ドローンの部品購入や遠征でかなりお金を使ったので、今年は自粛。
ドローンは、RCカー以上に進化が早いので次々新製品が発売され、スペアとして購入していた物はあっと言う間に、時代遅れ・・・。
でも、RCカーよりは個々の値段が安いので、助かってます。
時代遅れと言っても、使えないものでは無いし、使いこなしていた訳ではないので、今年は新製品の購入は抑えて、手持ちのものでドローンします。
遠征もレース、練習会含めて県外遠征は月1回程度に抑えて、なるべく行った事が無い場所、特設コース等々を条件に選んで行こうと思います。
そう言う事なので、主催者様、魅力的なレースの開催は(我慢出来なくて行ってしまうので)控えてください。

そんな自粛しているつもりだんですが、やってしまいました。
DSC_2804
Tinyにジオング!!
見た目バッチリ!!
DSC_2807
目視用で、こんな感じに飛ぶ事を想像していたのですが、重くてまったく浮きません・・・・
プラモデル代667円、さらにシャアザクも一緒に買ったので、1,207円の無駄使い。
反省
昨年なら、ここで7mmまたは8mmモーターのTinyフレーム購入!!となりますが、今年の私は違います。
グッと我慢して、しばらく盆栽として飾っておきます。

エバラが?

昨年は2日ほどしか走らせに行ってませんが、エバラRCサーキットが3月末を持って閉鎖になる噂を耳にしました。

人が来ないとかの理由ではなく借地の問題のようですが、RCカー暦の多くの時間をエバラで過ごしたので残念です。

今はRCカーから離れているとは言え、F1RCGP復帰やIRCCもあるので機材はそのままにしていますが、コレを機に、チームFさんのタミヤクラスに参加できる装備以外は手放そうかと考えています。
(エバラ〜の皆さんには必要がないかもしれませんが、要望があれば超破格の青空市やります。)

F1RCGPについては、一時期のようにワークスドライバーの遠征もなく数年間も同じメンバーなので、遠征してまでは・・・と言う所があります。
フォーミュラ四国では、F1よりツーリングが盛り上がり始めたし・・・。

IRCCについては、毎年楽しみにしていますが遠征用に使っていたHPIの大型キャリーバッグが昨年の遠征で破損、廃棄になったので、今年はどうするか考えている所でした。

ハイテック様とのサポート契約も終了していますので、タミヤグランプリやタミチャレにも出れます。
どうせ年数回なら、タミヤで良いと思ってます。
原点に戻って、タミグラ遠征でRCカー復活も??

でも、今の悩みは3月の遠征を
JDRA TINY WHOOP Japan Cup No.9 in 神栖
にするか
「Drone Racing Cup in KOBE」vol.04
にするか!!
宿や航空券の手配もあるので、来月には決めないと・・・。

開墾6日目

0泊2日の強行遠征で帰宅した日曜日。
2時間ほど布団で寝て、練習場の開墾に行きました。
DSC_2793
ここからは木が中央付近まで生えている(植えられている)ので、開墾スピードが落ちそうです。
で、2時間後
DSC_2795
今までのようには進んでいませんが、旋回ポイント
DSC_2797
が出来たので、バッテリー1パックだけU199を飛ばしました。
「ここ通れるかな?」みたいな感じで、おっかなビックリで飛ばしている動画はここ

DSC_2803
切り開けば飛べそうな所も見つけて、コースのイメージも出来たので、次回はちゃんと飛ばしてみようと思います。
残りのエリアは、練習の合間に切り開く予定です。


JDRA TINYWHOOP JAPAN CUP No.8 in Flight Pilot Vace

先週の土曜日は、大阪のフライトベースさんで開催された「JDRA TINYWHOOP JAPAN CUP No.8 in Flight Pilot Vace」に参加しました。
レースが土曜日の15時から19時30分までなので、土曜日の朝バスで出発して、その日の深夜バスで帰ると言う0泊2日で参加できました。
DSC_2789
コース全景写真はとり忘れたので、のちほど動画で。
機体は2種類持ち込んだのですが、予選2回目以降はやっぱりシャア専用で行きました。
DSC_2788
ここから、動画で反省していきます。
動画はここ

参加者は27名、予選通過は9名と狭き門です。

予選1回目
今回の予選は3回で、2分間飛行。
1周3ポイント、3回の予選のポイント合計で予選順位が決まります。
(最後の周は、2分経過後に3箇所のチェックポイントのどこまで通過したかで、チェックポイント1箇所につき+1だったと思います)
なので3回の予選、1回も捨てラウンドがありません・・・
でも、この予選方式が一番良いと思います。

と言うことで、遅れてスタートして、ゆっくり飛んでいたのですが、よこどんさんが見えるとスイッチON・・・ミス連発・・・。

予選2回目
周回を稼ごうと欲が出たので、最初からミス連発。
この時点で、予選通過(9名)ボーダー。

予選3回目
練習走行の感じから予選では組み替えがあり、最終ヒートだったため皆さんの飛びを見て、大きなミスをしなければ予選通過できそうだったので、安定飛行で。
細かいミスはありましたが、無事周回を重ねることができました。

予選結果
中学生のコザワ選手と同ポイントだったので、予選6位決定戦がありました。
スタートが苦手なので、良いスタート練習ができると思って気軽に飛行。
大人気ないと言われながらも、先にゴールして、予選6位となりました。

準決勝
一緒に飛ぶのは、徳島のレースで2クラス制覇、ヘリでも世界4連覇の伊藤選手
勝てないのは分かっているので、とにかく攻めるだけ!!
と言う気合が空回りして、スタート直後に抜かれれ、ガンダムの手に捕まり、ジャイロが狂って終了・・・。
DSC_2792
写真はガンダムの手!!

総合順位を決めるため3周は必ず飛ばなきゃ駄目なのを知らず、諦めてしまったので、総合順位は当然9位でした・・・。

ハイレベルな決勝は、公式動画でどうぞ
優勝は伊藤選手でした。那賀町から連勝です!!

自分の中では凄く悪い部分は無かったので、完全に実力不足のレースでした。
楽しめたので良いのですが、関西はレベルが高く、正直予選通過もやばい状況でしたので、練習頑張ります!!






コメント
過去ログ
過去記事検索
カスタム検索
  • ライブドアブログ