4月の鹿児島も、5月の神戸も抽選30名の予備予選を通過しました
なので、レース用機体の製作を開始です。

レースは主催者がまとめて国土交通省に申請するため200g以上の機体でも問題ないのですが、普段の練習と大きく変わる機体での参加は不安があるので、基本200g未満機をレース時のみプロペラ(3インチから4インチ)やバッテリーを(3Sから4Sに)変えて参加するつもりです。
5インチプロペラや4S1000mAhオーバーの機体にはまったく歯が立たないと思いますが、そんな機体怖くて飛ばせないので、私には200g付近の機体が丁度良いです。
現在の練習機は、完全装備で200g未満です。
image
 
レース機はモーターを少し大きいものにしたので、機体重量の定義
『無人航空機の重量については、機体本体の重量及び飛行のために必要なバッテリーの重量の合計(バッテリー以外の取外し可能な付属品の重量は含まない。)並びに最大離陸重量を記載すること。』
 のカッコの部分に甘えさせていただき、FPV機器は簡単に取り外せるので含まないで作成しています。
 
ですが
image
FPVは3Sバッテリーの3インチペラで練習するにしてもアウト!!
あと3gなんとかしないと・・・。
駄目なら目視でPID設定だけして、鹿児島の前日練習でスピードになれようと思います。