先月の仙台で痛い思いをした記録用カメラ。
FPVドローンレースでは、飛行用のカメラとは別に高画質のカメラを積んで撮影する事があります。
仙台では、Runcam2(支給品)だったので50g近くあり、積むとこんな感じになります。
DSC_2232
機体の下にはバッテリーも積みます。小さい機体にはかなり無理がある感じ・・・。
5インチ機でも、結構変わるそうです。
積むのは本選からと聞いていたのですが、予選でも何度が積む事になり、その時はフラフラでまったく飛ばせませんでした。

次の横浜も本選から積む必要がありますが、カメラはパイロットが持参した物を使います。
と言うことで、兵庫のハッピーバードで使ったものを使用しようかと思います。
(写真の右端)
DSC_2231
U199の機体にも丁度よくカワイイカメラで20g程度、1個2000円を切るのですが、これでもHD撮れます。
本選には残れそうではないので、必要ないかも・・・。

が、大阪では画質の指定もあり、コレが使えません。
その画質で撮れるのが手持ちではRuncam2しかなかったので、左から2番目のカメラを購入しました。
重量は27gとRuncamの約半分で、軽くはないですが練習すれば何とかなるかな?と言った感じです。

と言うことで、カメラを積んで練習します!!と言いたいのですが、10000円近くするカメラで壊れると嫌なので、同じ重量のオモリで練習します